1983アルコ堂EX
10,000アクセス突破記念企画

「王立宇宙軍」
−オネアミスの翼−
音楽と映像ページ

不完全版リスト

坂本龍一氏が音楽監督を務めた、
長編アニメーション映画作品「王立宇宙軍−オネアミスの翼」の、
サウンドと映像をとりあげたページです。
抜けなどがありますが、今後の課題とします。
公開予定の「蒼きウル(仮)」(王立の後日談映画)の公開に間に合わせ完璧版を目指します。
それでは、お楽しみください。

mimo1983

●王立宇宙軍についての投稿はこちらへ●

ミュージック
ナンバー
作曲者(他はAR)

RS=
坂本龍一

YN=
野見祐二

HK=
窪田晴男

KU=
上野耕路

JF=
藤井丈司
タイトル
(公式発表)
収録ディスク
IS=
イメージスケッチ
(CD)

OST=
オリジナルサウンドトラック
(CD)

MB=
メモリアルボックス
(LD)
元曲タイプ

P−A=プロトタイプA

P−B=プロトタイプB

P−C=プロトタイプC

P−D=プロトタイプD


シーンナンバー
A,B,C,D−PARTまで

映像シーン
P−A RS作曲 PROTOTYPE−A IS
P−B RS作曲 PROTOTYPE−B IS
P−C RS作曲 PROTOTYPE−C IS
P−D RS作曲 PROTOTYPE−D IS
M−1 RS メインテーマ OST
MB
PROTO−A

・A−PART
シーン1カット18から
シーン2カット52まで

シロツグのモノローグ、
その後シロツグの後ろ姿なめて、
湖の空母から発艦していくジェット機。
それを見て少し微笑むシロツグ
〜メインタイトル
M−2 RS MB PROTO−D

・A−PART
シーン4カット31から
シーン5カット1まで

全員、短剣を抜いて顔の前にかざす。
端のマジャホがアコーディオンのような楽器をかつぐ。
指導官、宇宙軍軍歌斉唱。
全員唄い出す。
ひとり素知らぬ顔で帰っていく婆さん。
墓場で唄いつづける宇宙軍
M−B RS リイクニのテーマ OST
MB
PROTO−B
M−3 RS作曲 MB オリジナル

・A−PART
シーン5カット16から
シーン6カット7まで

橋の向こうに夕陽が落ちる。
川面は照り返しでチラチラと輝き、
橋は人でにぎわう。
街灯に灯を入れて歩く老人。
雑踏の中を路面電車が走っていく。
繁華街、賑やか。
遊郭の前で屋台が物を売っている
M−4 RS作曲 喧騒 OST
MB
オリジナル

・A−PART
シーン6カット28から
シーン8カット2まで

夜の大通り。
奇声を上げて2階電車と平走するシロツグらの車。
小型車に9人が鈴なりに乗っている。
警笛を鳴らす電車。電車の外から窓を叩くマジャホ。
中に座っている女の子、無視しているがすぐに笑い出す。
シロツグ、顔をゆがめて芸をしながら近づいていく。
ずっ、と落ちかけてしまう
M−5A YN MB
M−5B YN MB
M−6 HK MB
M−7 HK MB
M−8 HK 無駄 OST
MB
PROTO−C

・A−PART
シーン13カット37から
シーン15カット1まで

訓練室内。
ホースをくわえて、自転車型訓練機を必死に漕ぐシロツグ

グランド。
回転塔に縛り付けられたシロツグ。
空を見上げると、雲にリイクニの顔が重なる。
と、急に回転塔が回り出す。
高速で回転するシロツグ。
急速なGに顔がゆがむ。

座学の教室。
黒板の前で説明する教授。
シロツグひとりノートをとっている。

訓練室内。
机に向かい、棚にチョーク状の棒を差し込んでいるシロツグ。
失敗して落とすことも多い。
指揮官、何か怒鳴っている。

プール。
風呂桶に上半身を突っ込んで
ルービックキューブの様なパズルを苦しそうにやっているシロツグ。
タイムを測る指導官。

本部ビル7階窓。
視力検査表を持つ男。
命綱をつけたシロツグ。
おたまを目につけたまま突き落とされる。
シロツグ「わー」
遥か下でおたま落とす
M−9A YN MB
M−9B YN MB
M−10A YN MB PROTO−C

・A−PART
シーン18カット21から
B−PART
シーン1カット3

M−10B HK MB PROTO−C

・B−PART
シーン1カット6から
シーン1カット9

建物の中、巨大なタンクが寝そべっている。
つるつるに磨かれた床、
大きなコーンノズルが口を開けて横たわっている。
何もかも新品。立派な工作機械。
マティ、走り出す
M−11 KU MB PROTO−C

・B−PART
シーン1カット36から
シーン3カット1

シロツグの訓練。
命綱を着けて落下するシロツグ。

車に乗っているネッカラウト。

射出座席の実験。
見物人が見る中、ネッカラウト煙をはいて川に落ちる。

今度はマティがバイクに乗っている。
驚いた顔。ガードレール近づく。
空を逆さに飛ぶマティ。

人工衛星の説明図。

マティ、ボロボロのバイクをひき、車のネッカラウトを恨めし気に目で追う。

風洞実験の写真。

アセチレンバーナーに火が入り、工員が溶接をしている。

設計図、複雑な図面が呪文のような文字に囲まれている。

工場
ロケットが広い床で組み立てられている。
時折、明かりがチカチカと瞬く。
フンフンと機嫌良く踊っている老人。

ダリガン、必死に身振りを加えて老人に話。
老人耳が遠い。腰をかがめて聞き返している。

グノォム、ずらりと並んだ機械の中で点検している。

大きな部品に線を引くグノォム。頭にペン。
M−12A YN MB PROTO−B

・B−PART
シーン4カット10から
シーン4カット14

リイクニの家。
窓の下にバイクを停めているシロツグ。
電気を止められているリイクニの家。
窓越しの会話。
M−12B YN MB PROTO−B

・B−PART
シーン5カット11から
シーン6カット1

城跡。 シロツグしゃがんでバイクの明かりで写真照らす。
写真を受け取り、見ながら立ち上がるリイクニ。
怪訝な顔。
白と黒を塗り分けただけにしか見えない写真。
会話。
明るい街の方の空を見つめるリイクニ。
マナと二人で祈りに入る。
困った顔のシロツグ。
M−13
RS MB
M−14 YN PROTO−A
・B−PART

シーン10カット2から
シーン11カット1

M−15 KU MB P−B
M−16 RS MB PROTO−D

・B−PART
シーン13カット1から
シーン13カット6

式典の会場。
屋外、公園。
派手な軍楽隊の演奏。
演壇の将軍。いつになく晴れやかな顔。
将軍演説に歓声が湧く。全員激しく拍手。笑顔で応える将軍。

本部内管制室。
機材が積み重ね上げられた上にTVモニターが乗っている。
見ているシロツグら。
映っている将軍の顔。だが映りは悪く、ネッカラウトがバンバンとひっぱたいたりしている。
みんな、身を低くしている。ヤナランだけが天井につかえた窮屈な姿勢。
M−17 UN 聖なるリイクニ OST PROTO−B

・B−PART
シーン14カット2から
シーン15カット3

宿舎シロツグ自室。
ベッドに戻って溜め息。
リイクニからもらった本を取り出す。
リイクニの教典をめくるシロツグ。

教典の絵。素朴な絵が描いてある。
火をもって走る人物の絵。
鍋をかける人物の横で息子たちが倒れている絵。
教典を読みふけるシロツグ。
神と人物の絵。
M−18 KU作曲 MB オリジナル

・B−PART
シーン16カット1から
シーン16カット22
M−19 KU作曲 グノォム博士の葬式 OST
MB
オリジナル

・B−PART
シーン17カット1から
シーン17カットE

火葬場。
煙突から立ち上る黒い煙。
かまの前に並ぶ宇宙軍関係者。
チラチラと火が燃えているのが見える。
息子夫妻と、未亡人がぼんやり火を見ている。
オブジェのような火葬場からの階段を降りるシロツグが、ふと立ち止まり目を止める。
階段の下、車に乗ろうとしている家族。未亡人が泣いている横顔。
立ち尽くすシロツグはその車を呆然と見送る。
M−20 HK MB PROTO−C,A

・C−PART
シーン1カット1から
シーン3カット7E
M−21 RS作曲 国防総省 OST
MB
オリジナル

・C−PART
シーン5カット1から
シーン5カット19

国防総省。
噴水。はためく国旗。金の国章。壮麗な建物。
国防省の一室。大きな国旗が掲げられている。
内には奇異な装束を身にまとった3人の貴族が座っている。
その前に将軍が立っている。慣れない公用語で喋っている。
M−22A HK MB PROTO−B
未使用
M−22B HK MB PROTO−B

・C−PART
シーン10Aカット19から
シーン10Bカット5
M−23 KU MB PROTO−B

・C−PART
シーン12カット6から
シーン15カット3
M−24A HK作曲 遠雷 OST
MB
オリジナル

・C−PART
シーン16カット2から
シーン18カット9

屋外
大きな塔。
塔のむこうから神々しい太陽シロツグ照らす。

夜、屋外。雨。
雨の中、布を被って走ってくるシロツグ。
あたりを見回す。
遠くの丘にリクイニの姿。
走っていくシロツグ。
二人で、布をかぶって走ってくる。
M−24B 後半HK作曲 PROTO−B+オリジナル

・C−PART
シーン18カット12から
シーン20カット3
M−24C HK MB PROTO−B

・C−PART
シーン20Bカット1から
シーン21カット1

朝霧の中。
小屋を出ていくリイクニを追ってくるシロツグ。
リイクニ笑顔で振りかえる。
リイクニ「あら、おはようございます。シロツグさん」
天をあおぎ、
リイクニ「今日はよい天気になりそうですね」
シロツグ「昨日の・・・」
以下会話続く。
リイクニ働きにいってしまう。
シロツグ「アー?」
M−25 RS MB PROTO−D
M−26 HK作曲 MB オリジナル

・C−PART
シーン22カット27から
シーン22カット49
M−27 HK作曲 MB オリジナル

・C−PART
シーン22カット53から
シーン22カット57
M−28 HK MB
M−29A KU MB
M−29B KU MB
M−30A
M−30B RS MB PROTO−C

・D−PART
シーン10カット11から
シーン11カット1
M−31 HK作曲 シロツグの決意 OST オリジナル

・D−PART
シーン14カット3から
シーン14カット9
M−32 RS MB PROTO−C

・D−PART
シーン18カット2から
シーン19カット4

警備塔。 ロケットに液体酸素を入れ始める。
老人「液体酸素注入を開始する」
バルブを回す。
プリントアウトされる紙に記入する手。
水蒸気がパイプから流れ出す。

室内。
シロツグに宇宙服を着せている。
指導官と助手、下半身をはかせている。
胴体をかぶせ、手袋。
ヘルメットを顔におろし、首をとめる。
ノックして確かめる。
微笑むシロツグ。
M−33 RS MB PROTO−C

・D−PART
シーン22Aカット2から
シーン23カット19

王立空軍、国境近くの基地。
夕方。
夕陽の中、戦闘機をチェックしている警備員。
戦闘機そろっている。

基地詰所。
パイロット電話をかけている。
パイロット「知っている。現場上空で鉢合わせだ。
わかった。了解、出撃する」
パイロット電話切り、自機へ走る。

雨の本部。
プリンターの紙の向こうから顔を出す助手。
助手「ドムロットさん。
発射基地から電話です。」
机に向っていたドムロット、振り向く。
マティはマジャホとドムロットに電話。
マティ「発射時間を早める」
同じく電話をうけるマジャホ。
マティ「衛星追跡の準備にかかれ。
奴等の裏をかくんだ」

エレベータのシロツグ。

警備塔下。
結線をしているカロック。
ヤナラン「あとどれくらいだ」
カロック「んー、今終わる。よし終わった」

警備塔内。
シロツグをカプセルに三人がかりで押し込む。
カメラで記録しているネッカラウト。
カプセルを覗き込んでいたカメラを下ろし、笑うネッカラウト。
ハッチがロックされる。

管制室内。
進行を表すコンソールに数個ライトが点灯する。
マティ「ようし、足並みそろった」

打ち上げ場全景。
サイレン鳴り響く。
スピーカー「発射担当者は地下管制室へ。
それ以外の者は各部署、定位置へ移動せよ」
塹壕の中走り去る作業員。

宇宙機内。
無線「見極め完了」
シロツグ「加圧ポンプを作動させる」
シロツグスイッチ。

シェルター内。
並んでいる管制官たち。
M−34 YN作曲 最終段階 OST
MB
オリジナル

・D−PART
シーン25カット22から
シーン26Aカット2

整備塔。
塔を支えるディーゼル車が、煙を吹き出してエンジンをかける。
重くまわり出す車輪。
ゆっくりと移動する巨大な整備塔。
光をうけて悠然と姿を現す巨大なロケット。
作業員をすずなりにして走り去る車。
整備車が、レールの上をゆっくり下がっていく。
独り立ちして聳える美しいロケットを静かに離れて。

ロケット内部。
シロツグをランプとりまく。

シェルターを出てくる女士官。
大型ジープに乗り込む。
付人「出発準備」
女士官「船乗りは、船と運命を共にするそうだ」
声「発進」
M−35 HK+
KU作曲
戦争 OST
MB
オリジナル

・D−PART
シーン27Aカット4から
シーン28Aカット54

共和国軍ジェット戦闘機(スーパー)

「だいせんいーマギツ。だんくーあいどりぇーどじけ」
ふと見上げると機影。雲間からどんどん現れる。
王立側の戦闘機部隊。
「えぶもっしゃい、とーるあいどりいっち。
まさごえんもんほしくと」
補助タンク落し、急上昇。
ジェット機編隊、編隊を崩しつつ舞い降りる王立軍機。

管制室。
次々と連絡が入る。
声「ポンプの再始動良好。問題なし」

共和国軍司令部。
モニターを映るロケットの下、 電影カウンターがみるみる減っていく。
作戦盤にロケットのコマ。
アナウンス入る。
作戦室で笑っているネレッドンと秘書。

王立宇宙軍前線。
草地の中、単眼鏡で遠くを見る兵士。息が白い。
山から降りてくる共和国軍。
後方からロケット砲が姿を現す。
走る共和国軍兵士。
戦車見える。
手前の戦車には人が乗っているがあとはハリボテ。

カプセル内。
シロツグ「ジャイロを安定させる。情報をくれ」
チェックするシロツグ。

管制室。
ダリガン「慣性航法、ネオン管の反射装置の表示。
北2.8度、3−6分、3−0点、3−2秒」

空。
機銃弾を浴びて四散する王立軍機。
落ちていく下でも砲火。

宇宙機内部。
シロツグ「船内気圧上昇は正規」

地上戦。
火を吹く王立側戦車砲。
池に入る共和国の戦車かすめて着弾。
水しぶきの中上陸する歩兵。

管制室。
じっと黙っている将軍。
声「発射まであと4.0.2」
マティ「砲撃の煙が見えます」
将軍、視線。すぐに無表情。

地上戦。
共和国軍、平地に出る。
彼方で砲火見える。

空中戦。
ロールをうちながら戦う2機の戦闘機。

発射場。
ロケット基部の向こうで煙。

管制室。
声「発射まであと3.7.3」

地上爆撃していく戦闘機。

共和国側、作戦室
大きな作戦卓を囲む将校たち。
卓上の地図コマを動かす。
ロケット近く。

地上の戦闘。
戦車の後ろにかくれて進む歩兵。
息が白い。霜のついた枯草に伏せる。

管制室。
緊張した管制室。
声「発射まであと1.0.2」

カプセルの中シロツグ。

ロケットの向こうの砲火がだんだん派手になる。
M−36 KU 離床 OST
MB
PROTO−C,A

・D−PART
シーン29カット8から
シーン29カット39

煙の中から登っていくロケット。
ほとんど火の玉に見える。

口を開き、唖然と見送る地上の共和国軍兵士たち。

引きずられている王国兵士。

通過するジェット戦闘機。
呆然と見つめる両国パイロット。
歩兵、戦車兵、みな立ち尽くし、一点を見つめている。
尾を曳いて遠ざかるロケットは、高みへと昇っていく。

宇宙機内。
シロツグ振動に耐えている。

管制室。
カロック「4,000、4,500、5,000、5,500、6,000、6,500、7,000」
身動きもしないスタッフたち。
レーダーに光点が移動していく。

ロケット、1段目を切り離す。

管制室。
ダリガン「1段目、切り離し成功」
上昇するロケット。
2段目の継ぎ目が外れ、3段目に点火する。
ダリガン「3段目点火、問題なし」
カロック「3段目燃焼開始、12,000、12,500、13,000、13,500。燃焼終了。軌道速度」

天文台。
マジャホ「こちらグリア天文台。確認した。軌道速度を出している。衛星になった。成功だ」

管制室。
歓声あがる。

M−37 RS OUT−TO−SPACE OST
MB
PROTO−B+A+オリジナル

・D−PART
シーン30カット1から
シーン32カット1

軌道上に宇宙船。シロツグ地上に放送。
回転するロケット。地上一面の街の灯。
長せりふのあと、リイクニのポーズで祈るシロツグ。

軌道上の日の出。
船窓が明るくなり、シロツグの顔にも光りさす。
まぶしさに目を閉じる。

水中。
小魚が泳いでいる。
光がさしこんで、輝く太陽のもと、水面に出る。
郊外の壊れた工場が水のうねりにオーバーラップ。
工場の中、ぽつんと人物が立っている。
転がったおもちゃ、手をふる人物。
揺れる蒲の穂。
水辺に沈んだ船。
夕空、電線をかすめて飛ぶ蝙蝠。
玄関先に脱ぎ捨てられた靴。
台所で料理をする母親。
照明の中の家族。
バスの中、外で雷。
鉄塔に落雷。
大きな樹にも落雷。
枝を持ち、焚火をする子供。
ざわめく授業中。
学校祭。
水溜まりにうつる少年。
鉄門越しにほえる犬。
遠くの山々。
水着の女の子。
バイクの荷台に荷物をのせた配達人。
遮断機。
砂利道。
散らかった絵本、いたずら書き。
午後の日差しが落ちてカーテンの影がゆらめく。
飾り窓ごしに広場の男たちが球技をしている。
ベビーサークルの柱。
天井のしみ。
飛行機雲。
猫。
サバンナを走る大きな獣の群れ。
原始時代の集落。
動物や手形を押した素朴な壁画。
燃える焚火に原始人が手をかざす。
広がる焼畑。
平地へと降りた農耕。
市場で物を売るおばさん。
立派な金のさかづき。
権力者。
巨大な古墳。
祭り。
古代天文台の真上に太陽。
科学の発達。
M−38 RS FADE OST
MB
PROTO−B+A

・D−PART
シーン32カット5からエンド

街・遊郭 チラシを配るリイクニ。
チラシの上に雪。2ひら落ちて溶ける。
空を見上げるリイクニ。
雪が、赤っぽい夜の曇り空に舞う。
じっと見上げているリイクニ。
サーチライトが1回空をよぎる。
リイクニからカメラひく。

軌道上の宇宙機。
カメラ引いていく。
地球。
星いっぱいの宇宙へ。
スタッフエンドロール。
SE−1A YN作曲 オネアミスの
クラシック音楽
−アニャモ
OST
SE−1B YN作曲 オネアミスの
ジプシー音楽
−トナリタヤ
SE−2A JF作曲 遊郭で
流れる音楽
−エタミユガ
SE−2B JF作曲 遊郭で
流れる音楽
−イチョカ
SE−2C JF作曲 遊郭で
流れる音楽
−ザルザマネクダ
SE−2D
SE−2E YN作曲 遊郭で
流れる音楽
−スゴイスネ
SE−2F YN作曲 オネアミスの
お経
−カーナイアンゼン
SE−2G YN作曲 遊郭で
流れる音楽
−アーシャナリ
SE−3A オネアミスの
のど自慢
−クワタシィ
SE−3B オネアミスの
のど自慢
−チョンヒン
SE−3C オネアミスの
のど自慢
−民謡キンサム
SE−4 JF作曲 オネアミスの
歌謡曲
−カイリャ
SE−5 JF作曲 共和国の
ニュースロゴ
SE−6 JF作曲 蒸気オルガン


ホームページに戻ります

未森幸月(みもりさつき)への
お手紙はこちら
mimori@chokai.ne.jp

All contents copyright
1983アルコ堂EX・未森幸月