畳快適生活ミニ知識

空拭き?雑巾掛け?電気掃除機?
新畳(表替)の納入使用直前のみ空拭きをして白い粉(染土)をふき取ります。その場合タオルのようなパイル地の物でふき残しがないよう丁寧にふきます。通常の掃除の場合には固く絞った雑巾で畳の目に沿ってふきます。水が垂れ落ちる絞り方は絶対にいけません。(脱水機で絞った雑巾が一番よいのです)また、お湯を使った場合は畳表の乾きが早くなる利点があります。電気掃除機を強くかけると畳表を傷め易いので、畳の目に沿って軽くふれる感じでゆっくりとかけてください。また、フケや毛髪がたまらぬよう、毎日欠かさず掃除するようお勧めします。ダニの発生を,抑えるにはこまめなお掃除が一番効果的です。

畳に日光浴を!
畳は湿気が禁物です。畳を長持ちさせるためにもカビ、ダニの発生を防ぐためにも年に2回程度の畳干しをしたいものです。春と秋のよく晴れた日、畳を干す場所のない場合は畳を上げビールびんやジュース缶などを置き、風を通すだけでも効果があります。畳は呼吸をしております。空気を浄化する力を持っています。正しい使い方をすれば畳の魅力を発揮します。

畳リフレッシュ!
畳のリフレッシュには「表替え」と「裏返し」「畳替え」の方法があります。
裏返し
新畳を入れてから2〜3年目頃畳が日焼けしたり、傷み始めたら畳表を裏返しにして張り替える作業です。
*ご注意:畳表の傷み具合が進みますと裏返しができない場合があります。
表替え
裏返しをした畳が傷んできたら畳床をそのまま生かし新しい畳表に取り替える作業です。3〜5年目頃が適当と考えます。裏返しや表替えの場合には畳縁も新しく取り替えます。
畳替え
畳床も含めて畳全体を新品に取り替えることです。取り替える目安は適度な弾力性がなくなったり凸凹が激しくなったり大きなすき間ができてきたら、畳替えをして下さい。畳床は大事に使えば10〜20年もちます。床下の湿気、室内の換気に注意し使用して下さい。畳は天然素材の床材料です。カーペットやフロアー等にくらべ優れた特性をもっています。

畳が体にやさしい理由
畳はお部屋の二酸化ちっ素を吸収する効果があります。
夏は湿度を吸収し、冬は排出して快適な生活を保っています。

畳独特の香りは嗅覚を刺激し、
精神を安定させる鎮静作用があります