畳 の 歴 史

畳の歴史は古く、古事記の中に「皮畳(かわただみ)」「きぬ畳」「菅畳」などの言葉が記されています。現在のように厚みをもったのは平安時代になってからです。貴族や高官が権力を象徴するために置き畳として用い、畳縁の色と柄によって身分を表したようです。

 
室町時代になって畳が部屋全体に敷かれるようになり、桃山時代から江戸時代へとうつり草庵風茶室が発達し、茶道の発展に伴って数寄屋風書院造に変わり、炉の位置によって畳の敷き方が決まり、日本独特の正座が行われるようになったと言われています。

 
江戸時代になってから「御畳奉行(おたたみぶぎょう)」という役職が作られるほど、武家、特に将軍や大名にとっては重要なものになりました。江戸時代後期には畳の職人制が確立され、次第に一般庶民の住まいに普及していきました。

文明開化の明治時代、大正・昭和の厳しい生活環境にあっても、畳は日本人の住生活の中心的役割を演じてきました。

 
戦後、経済の高度成長とともに生活様式も洋風化し、座る生活から椅子の生活に変わり、じゅうたんが普及し、さらにフローリングが普及してきました。しかし、フローリングによる不便さも認識されて、くつろげる畳スペースの必要性を見直す動きもあり、フローリングに敷いて使用する「置き畳」など畳新製品が普及しつつあります。

 
最近では、畳の素材も昔の藺草とワラだけでなく、さまざまな新しい化学素材などが開発されて使われるようになって、機能性も高く多様化した消費者ニーズに対応できるようになりニュー畳ライフを楽しんで頂けます。